こんにちは~!
徳島のマイホーム購入相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「住宅ローンの返済額は自分で決めよう」
家を購入する話の中で工務店やハウスメーカーの人が住宅ローンの試算をしてくれます。
その内容は返済期間が35年になっていることがほとんどです。
少しでも返済額を少なく見せて買いやすいようにする目的があると思います。
「月々120,000円です」と言われるよりも「月々70,000円です。」と言われたほうが買いやすいですよね。
借りる方も借りる方で住宅ローンは35年間借りるものみたいな先入観があるかもしれません。
しかし、返済期間は35年だと決まっているわけではありません。
35年返済の返済額が安いと感じたなら、返済期間を短くして毎月の返済額を増やしましょう。
仮に、キャッシュフロー表を作成して毎月9万円までの支払いでも余裕だったとします。
2,000万円を金利2.5%、35年で返済すると月々の支払は71,499円になります。
返済は9万円まで大丈夫なので、返済期間を25年にします。
そうすると返済額は89,723円です。
こうすると10年早く住宅ローン支払いを終えることが出来き、総返済額を311万円抑えることができます。
これを増額返済と言って、繰上返済をするよりも利息削減効果、住宅ローン支払い期間短縮効果があります。
住宅ローンの総返済額が少なくなると、老後などのに残せるお金が多くなるので将来への安心感を強くします。
住宅ローンは35年で返すものだという思い込みがあるなら、それを捨て、あなたが返済できる金額であれば、何年で返すことができるのかを考えられると、住宅ローン利息を大幅に削減することも可能です。
あなたがいくらまで住宅ローンを借りても大丈夫かを知る最も簡単で、最も確実で、最も効率のいい方法はこちら
↑9月10日までの限定募集です。お見逃しなく!