こんにちは~!
徳島のマイホーム購入相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「住宅ローンの返済額の目安はいくら?」
住宅ローンは借りることよりも返していくことのほうが大事です。
「いくらまで借りられるか?」ではなく、「いくらまでの借入なら返していけるのか?」を考えることが重要です。
そこで、住宅ローンの返済額がいくらになるかは重要な要素になりますね。
「うちの場合いくらまでだったら大丈夫なんだろう」という疑問があるかもしれません。
返済可能な住宅ローンの返済額の目安の計算式があります。
計算式は以下の通りです。
「現在の家賃 + マイホーム購入用の貯蓄額 - マイホーム購入後に必要な経費」
例えば、現在の家賃が月6万円で、マイホーム購入用の貯蓄を毎月4万円しているとします。
合わせて10万円です。
そこから、マイホーム購入後に必要になる経費を引いていきます。
固定資産税だったり、一戸建ての人であれば修繕費の積立。
マンションの人であれば、管理費や駐車場代などです。
これらで月2万円かかるならば10万円 – 2万円 = 8万円。
この場合だと毎月8万円の返済額であれば問題なく返済できます。
一番の理想は、家賃と変わらない返済額に押さえて、住宅購入用の貯蓄額をそのまま繰り上げ返済に回してしまうのが理想です。
くれぐれも、「うちは家賃6万円にマイホーム購入用貯金を月4万円しているから毎月10万円の返済までは大丈夫だな!」と考えないようにしてください。
あなたがいくらまで住宅ローンを借りても大丈夫かを知る最も簡単で、最も確実で、最も効率のいい方法はこちら
↑9月10日までの限定募集です。お見逃しなく!