住宅ローンの返済額、家賃並みで家が買えるはウソ

こんにちは。中川です。

今日は「住宅ローンの返済額、家賃並みで家が買えるという広告は嘘」ということについてお伝えしていきます。

あなたも、住んでいるマンションやアパートのポストにポスティングされたチラシや、新聞の折込チラシや雑誌のチラシで「家賃並みの支払いで家が買える」という広告を見たことがあるのではないかと思います。

そのようなチラシを見ると、家賃並みの支払いで家が買えるのであれば、それなら今マンションやアパートの家賃を払っているよりも、自分の資産になる持家を買ったほうがいいのではないかと思ってしまいますよね。

しかし、これはほとんどの場合で嘘です。

では、それがなぜ嘘なのかということを今からお伝えしていきます。

そういった「住宅ローン返済が家賃並みで家が買える」という広告には、どこかに小さな字で住宅ローンの条件が書いてあるはずです。その住宅ローンの条件を見てみると、ほとんどの場合で「3年固定金利・35年返済」という内容になっています。

では、その3年固定金利・35年返済がどういうことかというと、3年固定金利というのは、借りてから3年間は金利が低い住宅ローンということです。3年間は金利が低いのですが、3年後には金利が上がります。初めの3年間は、キャンペーンで金利を割引きしてくれているというわけです。

そのキャンペーンが終わると、もとの定価の金利に戻るので、金利が上がって返済額も上がる、という仕組みの住宅ローンになっているのです。ということは、チラシで書かれているような返済額というのは、初めの3年間で終わるということになるのです。

物件の価格がとても安いために借入額が少なかったり、頭金をたくさん用意できるので借入額が少ないという場合には、今払っている家賃と変わらない程度の返済額で収まることはある得ると思いますが、返済額が2,000万円とか3,000万円あるという場合、家賃並みの支払いで済むということはあり得ません。

ですから「住宅ローンの返済額が家賃並みで家が買える」というチラシには騙されないようにしてください。そのような、ほぼ嘘のような広告で宣伝をしている業者というのはまともな業者とは言えませんので、個人的には、そういう所では家を買わないほうがよいと思っています。

無料:次のマイホーム購入5つの失敗、あなたはどれがイヤですか?

  1. 予算オーバーして、今後一生住宅ローンの奴隷、または少なく見積もりすぎて一生後悔する予算の失敗
  2. ボッたくる気まんまん、夏暑いし冬寒い低品質高価格の家で一生住むことになるハウスメーカー、工務店選びの失敗
  3. 急に返済額が上がって住宅ローンを払えなくなったり、何百万も無駄に払ってしまう住宅ローン選びの失敗
  4. 急に請求されてお金の工面に走り回ったり、知らない間に50万も100万もドブに捨ててしまう諸費用の失敗
  5. 周辺からの騒音や悪臭、日当たりや風通しが悪い…住んでいるだけでイライラする土地選びの失敗

あなたにとって一生に一度の買い物。もちろん、どれも失敗したくないですよね。ただ、これら5つの失敗を全て避けようとすると、本当にたくさんの時間と手間がかかりますよね。

仕事に家事に育児に大忙しのあなたは、子どもを寝かしつけて、やっと一息ついてからの調べ物じゃないでしょうか?眠い目をこすりながら検索、検索、検索の日々。大変ですよね。気がついたらiPhoneを握りしめたまま眠っているんじゃないでしょうか?

もしあなたが、「マイホーム購入に失敗したくない!でも時間がない…」「家を買った後何十年もマイホーム貧乏生活にはなりたくない」と思われているならこの魔法のチェックシートをお使い下さい。

チェックするだけで上の5つの失敗をせずに済みます。下手なFPに相談するよりよっぽど優秀です

  • たった5つの簡単な数字を入力するだけで無理ないマイホーム購入予算を計算できるようになります
  • 書いてある順番にマイホーム購入すれば慌てることも後悔することもほとんどなくなります
  • 誰もが見落としている注意点を知り、住宅ローンを借りすぎることがなくなります
ぜひ、あなたのマイホーム購入にお役立て下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

中川優也

「理想の家と豊かな暮らしを両方手に入れるためのコンサルタント」 子どもの時から母子家庭で育ち、お金で苦労をする。「お金の苦労を終わらせる!」という決意の元、お金に関するあらゆることを学習、実践する。ついにオリジナルの誰でもお金持ちになる方法を開発。 500件を超えるコンサルティングを行い、多くのクライアントが理想のマイホームとお金に不安のない暮らしを実現している。北海道から沖縄まで、全国から多数コンサルティング依頼を受けている。