こんにちは~!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「住宅ローンの名義決めはライフプランが大事」
前回の記事で夫婦で住宅ローン控除を受ける際の住宅ローンの借り方について解説しました。
今回は、夫婦で住宅ローン控除を受ける際に考えないといけないことをお伝えします。
住宅ローン控除はその年に支払った所得税が返ってきたり住民税が減額されるものです。
ということは、所得税や住民税を支払わないと返ってこないということです。
どういうことかというと、夫婦で住宅ローン控除を受けるために住宅ローンを夫婦それぞれの名義で契約したとします。
その後、奥さんが出産のために仕事を辞めて収入が無くなりました。
となると、もちろん所得税や住民税を支払わなくなるので住宅ローン控除を受けられなくなります。
当初「うちは共働きだから夫婦で住宅ローン控除を受けたほうが得だよね~」と言って共同名義で住宅ローンを借りたのはいいんですが、奥さんに収入が無くなってしまうと計画していた住宅ローン控除を受けられなくなってしまいます。
こういうことがある場合、夫の収入や住宅ローンの借入額によれば、夫ひとりで住宅ローン控除を受けたほうがより多くの還付を受けられるケースもあります。
夫婦で住宅ローン控除を受けようと考えている人は、今後片方の収入が無くなったり激減することはないのかよく考えてからにしましょう。
できたら住宅ローン控除額がいくらになるのかまでシミュレーションしたほうがいいですね~。

【関連記事】
▼住宅ローン関連記事
住宅ローン減税とは
住宅ローン審査の大きな要素、返済負担率とは
住宅ローンは2つ以上組み合わせられます。

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね