こんにちは~!
徳島のマイホーム購入相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「住宅ローンの借入額を増やしてマイホーム購入の選択肢を広げる方法とは」
どんな家を建てられるか、買えるかは用意できる頭金と借り入れできる住宅ローンの金額によって変わりますよね。
頭金を300万円用意できて、借り入れできる住宅ローンが2,000万円なら2,300万円までの家なら手に入れることができます。
ここでいう借り入れできる住宅ローンというのは、銀行が貸してくれる金額ではなくて自分が借りてもいい金額です。
この借りてもいい金額を増やすことによって住宅取得の選択肢を増やすことが出来ます。
たとえば、家賃が毎月6万円でマイホーム用貯金を毎月3万円している場合、借りてもイイ住宅ローンの金額は以下の計算で求められます。
家賃6万円+貯金3万円-新たな出費1.5万円=7.5万円
新たな出費とは固定資産税や修繕費のことです。
金利3%、毎月7.5万円の返済で30年間借りることができる住宅ローンの金額は1,780万円です。
これを、住宅取得用貯金の金額を毎月3万円増やすことが出来れば借り入れ可能額は2,490万円になります。
毎月あと3万円貯めるだけで約700万円借入できる住宅ローンの金額を増やすことが出来ます。
その分だけマイホームの選択肢が増えるということです。
「あと3万円なんて出てこない?」という人は、まっさきに加入している生命保険を見直ししましょう。
生命保険はムダな支払いのオンパレードです。