トップ>諸費用関連>仲介手数料がかかる場合とは
こんにちは~!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「仲介手数料がかかる場合とは」
土地や中古住宅などを不動産屋さんを伝って購入すると、仲介手数料がかかる場合があります。
これは取引形態が「仲介」や「媒介」の場合に発生します。
不動産屋さん自身が所有する土地や住宅を購入する場合には仲介手数料はかかりません。
不動産情報誌、不動産広告にのっている「取引形態」を見て、仲介手数料がかかるかどうかを確認しておきましょう。
かかる仲介手数料は売買価格の3.15%+6万円(売買価格が400万円以上の場合)です。
ただし、この仲介手数料の3.15%+6万円はあくまで仲介手数料の上限を定めたものです。
必ず3.15%+6万円かかるわけではないので、交渉次第では値引きしてくれるかもしれません。
取引形態が「仲介」や「媒介」の場合はダメもとで仲介手数料を値引きしてくれないかどうかを聞いてみましょう。

▼諸費用関連記事
団体信用生命保険料
マイホーム購入の諸費用を20万円減らす
火災保険は言われるがままに加入しない

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね