こんにちは~!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「一括で家を買える人も住宅ローンを借りた方が得?」
住宅ローンを借りると、利息を払わないといけません。
できたら住宅ローンを借りずに現金一括で支払った方がいいですよね。
3,000万円の買い物を住宅ローンを借りてすると4,000万円支払わないといけないかもしれませんが、3,000万円を現金で支払うとそれ以上に支払うものはありません。
しかし、現金一括で買うより住宅ローンを借りた方が得になる場合があります。
「え?住宅ローン借りたら利息を払わないといけないのにどうして・・・?」
住宅ローンを借りると住宅ローン減税といって、年末の住宅ローン残高の1%だか1.2%(長期優良住宅の場合)に相当する所得税を戻してもらえる制度があります。
所得税で戻しきれない場合は住民税からも戻してもらえます。
この住宅ローン減税で返ってくる所得税や住民税の額が住宅ローンの利息よりも多ければ住宅ローンを借りたほうが得っていうことになります。
でも、返ってくる所得税>住宅ローン利息になるケースはひとつしかありません。
それは住宅ローンの利息が0円のときです。
また意味不明なことを言っているようですね。
住宅ローンを借りているのに住宅ローンの利息が0円というのはどういうこと?
それは、「預金連動型住宅ローン」を利用した場合です。
預金連動型住宅ローンとは、借り入れ金融機関に預けてある預金の残高分は住宅ローンの利息はかからないという仕組みの住宅ローンです。
現金一括で買える人限定ですが、購入価格全額を預金連動型住宅ローンで借ります。
そして、その銀行の預金へ借りた金額と同じ額のお金を入れておけば住宅ローンの利息は0円になります。
例えば、3,000万円で家を買うとします。
親から贈与を受けたのか宝くじに当たったのか一生懸命貯めたのか、3,000万円は現金で払えます。
ここで現金で一括支払いするのではなく、3,000万円を預金連動型住宅ローンで借ります。
手元にある現金3,000万円を借りた金融機関に預けます。
これで利息0円住宅ローンの完成です。
毎年住宅ローン減税の恩恵を受けることが出来ます。
預金連動型住宅ローンというと、CMでもおなじみの東京スター銀行が有名ですね。
他にも愛媛銀行でもやってます。
ただ、この方法の注意点として預けてある預金の残高が住宅ローンの残高より少なくなるとその分利息がかかってしまうということです。
先程の例で、住宅ローンを借りた後に200万円の車を買って預金から200万円支払ったとします。
すると借入額3,000万円に対して預金残高は2,800万円になりますので、差額の200万円に対して住宅ローンの利息がかかります。
この方法を利用出来る人は少ないかもしれませんが、利用する場合その他の出費は別の口座で行うようにしておけば問題ありません。

【関連記事】
▼住宅ローン関連記事
住宅ローンの他に住居費として考えたほうがいいもの
長期優良住宅で住宅ローンを早く終わらせる方法
夫婦合算で住宅ローンを借りる時の注意点

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね