こんにちは~!
徳島のマイホーム購入相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「マイホーム購入後、土地の固定資産税はいくら?」
土地を購入して新築一戸建を建てた場合。
土地付きの中古住宅を購入した場合。
固定資産税の支払いが始まります。
固定資産税は1月1日時点の所有者に対して課税されます。
購入したすぐには課税されません。
しかし、購入時から年末までにかけてを精算することが多いです。
例えば、固定資産税が年間12万円で、9月1日付けで購入したら、9・10・11・12月分の4ヶ月分を請求されます。
さて、肝心の固定資産税の計算方法です。
固定資産税は相続税評価額に固定資産税率を乗じて計算されます。
相続税評価額は購入価格の7割弱だと思ってください。
固定資産税は大体の場合で1.4%です。
仮に、購入価格が1,000万円だったとします。
すると、相続税評価額が7割の700万円。
700万円に固定資産税評価額1.4%をかけると98,000円です。
つまり、土地の固定資産税は年間98,000円です。
ただし、住宅を建てる場合土地に対する固定資産税は軽減されます。
軽減幅は200㎡までが1/6
200㎡を超え、建物の床面積の10倍までが1/3です。
つまり、1,000万円で200㎡までの土地であれば、固定資産税は98,000円の1/6になります。
金額は16,330円程度です。
土地の固定資産税はそんなに多額ではありません。
しかし、固定資産税は土地だけではありません。
建物にもかかります。
次回は建物の固定資産税がいくらになるのか計算します。