ご飯をお腹いっぱい食べる。

おそらくあなたもご飯は
お腹いっぱいになるまで
食べているのではないでしょうか?

「ご飯をたくさん食べなさい。」と
子どもの頃にいわれて育ったかもしれません。

私は子どもの頃にそう言われて育ち、
最近までご飯はお腹いっぱいになるまで
食べるものだと思っていました。

それが当たり前だと思っていたのです。

しかし、今はお腹いっぱいになるまで
ご飯を食べることはありません。

お腹いっぱいにご飯を食べることは
身体によくないことを学んだからです。

今は腹八分目を心がけていて
一日二食でも平気になってきました。

身体の調子も以前よりいいですし、
食費も少なくて済みます。

初めの方はお腹が空いてしんどいですが
慣れればどうってことありません。

ご飯はお腹いっぱい食べるものという
当たり前だと思っていること、
いわゆる「常識」とは逆のことをしたほうが
実は身体にもお財布にもよかったということです。

家を買うときの「常識」もあります。
「土地探しからする」
「土地を買わないといけない」
「返済額が家賃並みなら問題ない」
「住宅ローン借入額は少ないほど良い」
などなど。

あなたもマイホーム購入について書かれた本や
サイトで何回か見たことがあると思います。

しかし、これらは全部間違った常識です。

これらの「常識」に従わないほうが
あなたのマイホーム購入後の人生が
もっといいものになります。

他にも「常識」とか「みんなそうしている」
というものがあると思います。

それは、本当にあなたにとっていい選択でしょうか?
常識だからといって
あなたにとっていい選択だとは限りません。

あなたにとって本当に良い選択かどうかを
しっかり考えてみましょう。