本当にあなたが住みたいマイホームを作ってくれるか疑問

新人の営業マンや売れていない営業マンからあなたの大切なマイホームを購入してはいけません。

理由は2つあります。

1つ目は、自分本位の営業になりがちだからです。

なぜ、新人の営業マンや売れていない営業マンが良くないのか説明します。

営業なのでほとんどの場合でノルマもあるでしょうし、収入は自分の成績に比例します。

あまり成績がよくないと上司から詰められることもあるでしょう。

そうなると「売らなければ」と思い、顧客のことを無視した「自分本位」の営業になりがちです。

顧客に都合の悪いところを隠し、メリットばかり話したりします。

他にも、しつこく決断を迫ったりするかもしれません。

売れている人は一人見込客がいなくなったところで他に沢山あるので焦ったりしません。

また、ハウスメーカーでは営業マン自身があなたの家の設計図を作ることが多いようです。

新人の営業マンや売れていない営業マンは設計の経験が少ないので、あなたの希望を満たす設計ができないかもしれません。

そのため、理想の設計をしてもらうために何度も何度も作り直したりして時間がかかることもあるでしょう。

最終的に、「もうこれでいいわ。」と諦めてしまうことなるかもしれません。

そんなことを避けるために、マイホームは売れている営業マンから買いましょう。

え?同じハウスメーカーの同じ家でも値段が違うの?

2つ目の理由は、持っている値引きの権限が違うからです。

全てのハウスエーカーがそうだとは限りませんが、ほとんどの場合で営業マンの役職が上がるほど値引きの権利を多く持っています。

つまり、ペーペーの営業社員よりも営業部長から買うほうが多く値引きしてもらえるということです。

同じハウスメーカーの同じ物件を買っても、誰から買うかで値段が変わるのです。

おかしいと思いませんか?

しかし、これは現実に行われていることなのです。

ムダに高い買い物をしないためにも、マイホーム購入は売れている営業マン、役職の高い営業マンからすべきです。