「マイホームっていつ買うのが一番いいんでしょうか?」

よくいただく質問の一つです。

私はいつもこう答えます。

「いつでもいいんですよ。買えるなら。」

こう答えると多くの方はポカンとします。

あなたがもし、購入時期で悩んでいたらきっとポカンとしたのではないかと思います。

よくある住宅指南書やマイホーム購入情報サイトには「マイホーム購入は頭金が2割貯まってから」と何か法律でそう決まっているかのごとく書かれています。

では、なぜ頭金が2割必要だと言われているのかご存知ですか?

これは2つ理由があります。

1つ目の理由は、以前の住宅金融公庫で住宅ローンを借りる場合に頭金が2割必要だったことです。

この名残で「マイホーム買うなら頭金は2割必要だ。」と言われています。

今となっては頭金が2割準備できないと住宅ローンを借りられないことはないので当てはまりません。

2つ目の理由は、住宅ローンを返せなくなった時に売りに出しやすくするためです。

家の価格が1,500万円ならその2割、300万円は住宅メーカーの利益です。

仮に、1,500万円の家を買ってすぐ売ったとしても1,500万円では売れません。

メーカーの利益を差し引いた1,200万円でしか売れないのです。

ということは家を売ったところで住宅ローンが300万円残ります。

つまり、万が一返済で困ったとしても売れないという事態になってしまいます。

ところが、初めに頭金を2割の300万円入れておけば家を売ることで住宅ローンも完済してしまえるわけです。

この2つの理由から頭金を2割準備しましょうとよく言われます。

しかし私は買えるならいつでもいいと思います。

ここで言う、「買える」とはただ住宅ローンの審査に通るならという意味ではありません。

「マイホームを購入して住宅ローンの返済が始まっても、生活に困ること無く住宅ローンを完済し、教育費や老後生活に対する準備にもメドが立った」という状態です。

つまり、マイホームを購入しても後の生活が大丈夫だというメドが立てば買っても大丈夫です。

そもそも頭金を多く準備しましょうというのは、住宅ローンの総返済額を少なくして、後の生活の安全性を高めるためです。

であれば、頭金なしで買ったとしても後の生活の安全性が高ければ問題ないわけです。

あなたにとってベストなマイホーム購入のタイミングは、マイホームが欲しいという気持ちと購入する目的があり、欲しい土地や建物が見つかり、購入しても後の生活が大丈夫だというメドが立った時です。

メドを立てるために一番いい方法はキャッシュフロー表を作成することです。

キャッシュフロー表は住宅ローン返済が始まった後、あなたの家計がどうなるのかが一目でわかります。

私のところに相談に来られる方でも「頭金が2割貯まる◯年後に購入しようと思います。」という方がたくさんこられます。

私が現状を分析してキャッシュフロー表を作成すると、すぐに購入しても大丈夫な場合が多く、予定よりもずいぶん早くマイホームが手に入ったといって喜ばれる方が多いです。

あなたも盲目的に「頭金2割」を目指すのではなく、現状でマイホームを購入しても大丈夫かどうかのメドを立て見てください。

そうすれば、無理に何年も賃貸に住んで貯蓄に励むのではなく、早めにマイホーム購入して余裕のある住宅ローン返済が可能になるかもしれません。