nakagawa-half寒くて目が覚めました。

昨日、寝ようと寝室に入ると
ちょっと暑さを感じました。

昼間暑かったので、
窓を開けていませんでしたから
熱気が残っていたのでしょう。

窓を開けて寝ようと思ったんですが、
近所の人がものを燃やしているのか
焦げ臭いにおいがして気持ち悪かったので
窓は閉めておくことにしました。

暑いのですがクーラーをつけるほどでもない。
でも、ふとんをかぶると暑い。
タオルケットは片付けてしまったし。

ということで、ふとんをかぶらずに寝ました。

寝ているとまだ暑かったので
ズボンを脱ぎました。
暑いからいけるだろうと思っていました。

でも、寒くて軽い風邪を引いてしまったようです。
熱はありませんが、のどがちょっと痛いです。

寝ている時間は気温も下がりますし、
寝ている間は体温も下がります。

寝る前に暑かったとしても
寝ている時はそうではないことを
全然考えていませんでした。

先のことまできちんと考えていないと
失敗するということのいい例だと思います。

家を買う時、新築をするときも同じです。

おそらく、住宅ローンの借り入れ額何千万円
という数字よりも月々返済額はいくらになるかで
その家を買えるかどうかを判断すると思います。

例えば、住宅ローンの返済額が7万円だったとします。
「今の家賃が6万円だからちょっと頑張れば大丈夫。」
だと判断したとします。

今は大丈夫かもしれません。

でも、先では問題ないのでしょうか?
7万円の返済が問題ないかどうかを考える必要もあります。

住宅ローンの返済額が7万円のままなのかも
確認しておく必要があります。

住宅ローンの返済7万円以外の支払いがないかどうかも
確認しておく必要があります。

家を買った後の収入が今と変わらないのか
増えるのか、減るのかも知っておく必要があります。

子どもの学費はいくらかかるのか、
その時に住宅ローンを払えるのかどうかも
確認しておく必要があります。

最低でもここまでのことを確認して
家を買っても大丈夫だろうと判断すべきです。

あなたがもし、
家は欲しいけど、住宅ローンを払うのに精一杯で
貯金も出来ないしカツカツの生活はイヤだと思われるなら
今支払っている家賃と
目の前に提示されている住宅ローンの返済額だけを見て
家を買っても大丈夫かどうかを判断してはいけません。

住宅ローンを始め、
収入や学費、車の買い換え等々、
生きていく上でかかる支出も確認した上で
住宅ローンを払っていけるか判断しましょう。

P.S 住宅ローンの借り入れ額はいくらにするか?
ということは、家を買う時に一番大事な決め事です。

もし、あなたがいくらまでの家なから買えるかわからない
ということで悩んでいるなら

こちらで答えを知ることが出来ますよ。

セミナーに参加してから
私に相談するかどうか判断してもいいと思います。

手っ取り早いのは相談することですけどね。

相談申し込みはこちらから

連休明けに再値上げ!
残り2名ですが、1名決まりそうなので後1名で終わりです。
それ以降は一切相談を受け付けませんので
お早めにお申し込み下さい。
料金以上のメリットは絶対に約束します。

相談申し込みはこちらから

━━━━━━━━━━━━━━

マイホーム購入相談専門
ファイナンシャルプランナー中川優也

http://fp-tokushima.com

住所:徳島県徳島市南昭和町7丁目34−3
電話:088-625-2595

━━━━━━━━━━━━━━