ハウスメーカーの利益は40%!!!

先日、メルマガでも案内しましたが、

工務店さんの完成見学会でセミナーをしてきました。

メルマガの読者さんもきてくだいましたし、

たくさんの質問を受けるなど、

45分の予定が1時間30分くらい話するなど大盛況でした。

セミナーが終わった後、

工務店の営業さんと話す時間がありました。

完成見学会に何組くらい来たとか

セミナーを受けた人の反応はどうだったかとか

営業さんの苦労について話していました。

営業さんの苦労といえば、

やはりたくさんの業者と戦わないといけないことでしょう。

家を建てたい人が複数のハウスメーカーや

工務店に見積りを出している場合です。

相見積もりになっているからといって、

値段を下げすぎると利益が出ない、

かといって、値段を高くしすぎると選ばれないしで

難しいところだということです。

そんな話から飛び火して、

ぶっちゃけハウスメーカーや工務店の利益はどれくらいなのか?

という話になりました。

営業さんは快く教えてくれました。

大手ハウスメーカーの場合は、

大体35%〜40%くらいが利益になっているというのです。

建物が2,000万円であれば、

700万〜800万がハウスメーカーの利益です。

「ということは、原価は1,200万円なんですか?」

と聞くとさらに教えてくれました。

「いやいや、

ハウスメーカーから工事を請け負った工務店の利益もありますから、

原価は1,000万円くらいですよ。」

と営業さん。

ハウスメーカーで買い物をすると、

原価の倍の買い物をしないといけないようです。

さらにさらに、ハウスメーカーの闇について教えてくれました。

なんと、営業のランクによって割引き幅が違うというのです。

ペーペーならほとんど定価。

営業部長クラスになると数百万円の値引きが可能になるようです。

その営業さんも、

以前地元の中堅ハウスメーカーに所属していたようですが、

入った当初は会社が全然値引きに応じてくれなかったようです。

会社からすれば

「それくらい売ってきて当然だろう?」

というものらしいです。

さらに、

営業と設計と見積りをする部署は別になっていて、

見積りをする部署が利益を水増しする通称「ブラックボックス」

という利益が存在するそうです。

営業は出された見積りを何の疑いもなくお客さんに提示するそうですが、

その中には見えない、水増しされた利益が存在するそうです。

そしてこれは大手ハウスメーカーでは当たり前に行われているようです。

知れば知るほど腹黒い住宅業界!怖い!(笑)

ただ、どこの業者が腹黒いかどうかはなかなか見分けがつきません。

その中で一つだけ言えることは、

大手のハウスメーカーで家を建てる、

買うのはやめておいたほうがいいということです。

ミサワホームで家を買った私自身激しく後悔しています。

ちなみに、工務店の利益は建築価格の20%程度だそうです。