こんにちは~!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
さきほどの記事で、住宅ローンやクレジットカードの審査のときにチェックされる個人信用情報についてお伝えしました。
今回は、クレジットカードの支払い遅延はどの程度で信用情報に記載されるのか?
債務整理をした場合はどうか?について解説します。
まずはクレジットカードの支払い遅れです。
クレジットカードの支払いは1ヶ月でも遅れるとヤバイ!と思ってましたが、そうでもないみたいです。
だいたい3ヶ月くらい支払いが遅れると、「延滞情報」が信用機関に登録されます。
登録されてから5年間は記載されたままになります。
なので、5年間は住宅ローンやクレジットカードを作る障害になりうるので、クレジットカードは支払いが遅れないように気をつけましょう。
次に、債務整理です。
債務整理とは、借金返せなくなった人を救う方法のことです。
自己破産も債務整理の一種です。
自己破産の他に、特定調停、個人民事再生、任意整理の4つがあります。
詳しくはこちらを見てください。詳しく書かれています。
債務整理を行った場合は7~10年、信用機関に情報が登録されます。
「自分の信用情報、どうなってるんだろう?」と疑問に思う方は、各信用機関に出向くか郵送で確認することが出来ます。
審査に落ちた理由が知りたい人。
住宅ローンの審査を出す前に知っておきたい人。
一度確認してみるといいかもしれませんね。

【関連記事】
家賃と変わらない金額で家が買えるカラクリ
3年後にドーンと値上げするものとは
僕がマイホームを購入した時の大失敗

応援して下さい!ワンクリックお願いします。
にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ人気ブログランキングへ
ちょい役立ちで1つ、大いに役立ったで2つお願いします