「やっぱり久しぶりだと感が鈍るな〜。」

どれが安いのか高いのかの区別がなかなかつきません。

昨日は奥さんの体調が悪かったので
仕事が終わった後にスーパーがんばりや
に買い物に出かけました。

何を買えば良いのかが書かれている紙には
じゃがいも、たまねぎ、はくさい、
豚肉、とり挽肉、魚、こんにゃく…
などが書かれています。

一人暮らしをしていたときは
よくスーパーに足を運んでいたので
だいたいのものの相場がわかっていました。

でも、久しぶりの買い物です。

どれが安いのかどれを選べば良いのか
かなり迷いました。

はくさいなら同じもので1/2か1/4か
くらいの違いしかありませんよね。

でも、豚肉となると同じロースでも
国産と米国産があります。

どちらも1パック398円で売られていたら
あなたならどちらを買いますか?

同じ量なら国産を買われるのでは無いでしょうか?

でも、国産は200gで米国産は
400gだったらどうでしょう?

国産は米国産の倍の値段です。
でも、味はおいしいでしょうし、
品質も問題ないかもしれません。

米国産は国産の半額です。
でも、味はイマイチかもしれませんし、
健康に影響があるかもしれません。

同じ豚肉が同じ値段で売られていても
量や質が全く違います。

これは、家を買うときも同じことが言えます。

あなたがハウスメーカーや工務店煮出してもらった
見積もりが同じ金額だったとします。

しかし、家の素材や設備はどう違うのでしょうか?
工期は?保証は?どうでしょう?

このあたりは比較しやすいかもしれません。
見落としがちなのはランニングコストです。

家を買った後にかかるコストのことですね。

光熱費、固定資産税、火災保険、地震保険
修繕費などなど。

これらの差額まで計算して
本当にどちらの家が安いというかお買い得なのかを
考えましょう。

また、あなたが家を買うときにお金のことを
誰かに相談する場合も同じです。

ハウスメーカーや工務店の中には
無料で資金計画に乗ってくれるFPと提携している
ところがあるでしょう。

あなたも無料でFPに相談に乗ってもらい
キャッシュフローを作ってもらったりしたかもしれません。

しかし、その目的は
保険を売ることである場合がほとんどです。

保険を売らないにしても何か別のものを売る目的で
無料で相談に乗っているのです。

相談料が無料であったとしても
ムダな保険に毎月1万円支払うようになれば
あなたが損するお金は年12万円、
10年では120万円になります。

相談料が30万円であっても
ムダな保険が一切無ければ
あなたが支払うお金は5年経っても10年経っても
30万円ポッキリです。

あなたはどちらが安いと思いますか?

スーパーで買う肉にしても家にしても
FPに相談する場合でもなんでも
目先の値段で判断してはいけませんよね?

P.S 私が先日から募集している
無料相談は後任を育てることが目的です。

まだ空きがあります。
あなたが徳島県にお住まいであれば
2度と無いこの機会を是非利用してください。

詳細、申し込みはこちらから
http://goo.gl/GzaJ8A