こんにちは~!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「こんなに変わる!審査金利ごとの住宅ローン借り入れ可能額」
前回は銀行住宅ローンの借り入れ可能額の目安を自分で計算する方法をお伝えしました。
今回はフラット35での借り入れ可能額を計算する方法をお伝えします。
基本的に計算方法は銀行住宅ローンの借り入れ可能額の計算と同じです。
銀行住宅ローンは審査金利を4%に設定していることが多く、金利4%でも返済できるかどうかを審査します。
しかし、フラット35は審査時点での金利を適用して審査します。
年収400万円の35年返済で計算すると銀行住宅ローンの借り入れ可能額は前回のとおり2,258万円です。
フラット35(4月実効金利2.63%)で計算すると借り入れ可能額は3,200万円です。
同じ年収で計算しても約1,000万円借り入れ可能額が変わりますね。
フラット35Sの金利で計算すると借り入れ可能額は3,732万円まで上がります。
「こんなにたくさん借りれるんだったらフラット35で借りよう!」と思うかもしれません。
しかし、銀行で借りるにしてもフラット35で借りるにしても借入金額は自分が借りてもいい金額までにしておくことが重要です。

【関連記事】
▼住宅ローン関連記事
住宅ローン借りるときに300万円得するかもしれないサイトの紹介
貯金が苦手な人向けの住宅ローン返済方法
夫婦合算で住宅ローンを借りる時の注意点

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね