こんにちは~!徳島の住宅取得相談専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「【火災保険の基礎知識】火災保険とは」
生命保険にしても損害保険にしても、本当にわかりにくいと思います。
「わざとわかりにくくしているんじゃないか?」と思うほどです。
そこで、できるだけわかりやすく火災保険の基礎知識についてお伝えしていきます。
まずは、そもそも火災保険ってなに?というところです。
火災保険という名前なので、家が燃えた時の保険だというのはイメージしやすいと思います。
しかし、家が燃えた時以外でも補償される場合もあります。
たとえば、こんな場合です。

・雷の災害:雷でインターホンが壊れた。テレビが映らなくなった。
・風の災害:強風で屋根瓦が飛んでいった。物が飛んできてガラスが割れた、カーポートが飛んでいった
・水の災害:大雨で床上浸水した。土砂崩れが起きて家が潰された。
・日常災害:盗難にあった。水道管から水が漏れてクロスに染みでた。車が家に突っ込んできた。
・破損(自分のせいで建物や家財を壊してしまった場合のこと):子どもがボールを投げてガラスを割った。

補償の全体像はこんな感じですが、この中から必要な補償を選んで加入します。
たとえば、火災だけとか、火災と風と水で加入するなど。
補償の範囲が広くなれば掛け金も高くなります。
火災保険の補償選びのポイントは以前に書きましたのでそちらを参考にして下さい。
火災保険とは、様々な災害が起こった場合に修理したり家を建て直すお金を保険会社が出してくれる保険です。
決して、火災保険は家を守ってくれるものではないのでお間違えなく。
火災保険は建物自体ではなく、家財道具に掛けることもできます。
しかし、一体どこまでが建物でどこまでが家財かがわかりにくいんですね~。
ということで、次回は建物と家財の区別の仕方をお伝えします。

▼住宅取得諸費用関連記事
住宅ローン保証料とは
住宅ローン保証料、一括支払いと金利上乗せではどちらが得なのか?
住宅ローン実行時の諸費用、融資事務手数料とは

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね