こんにちは~!徳島のマイホーム取得専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「【火災保険の基礎知識】保険金額と保険価額とは」
今回は、ややこしい専門用語について解説します。
まず、保険金額とは、何かの災害が起こったときに保険会社からもらえるお金の限度額のことです。
たとえば、保険金額1,000万円の火災保険で家が全焼したら1,000万円までもらえます。
この保険金額が大きくなるほど掛け金も高くなります。
続いて、保険価額(ほけんかがく)とは、災害が起こったときに最大でいくらの損になるかの金額のことです。
たとえば、新しく建て直すのに1,500万円かかる建物が燃えて無くなったら1,500万円の損ですね。
この場合の保険価額は1,500万円です。
火災保険の契約において、保険金額と保険価額は同じ金額にしていたほうがいいです。
たまに、「住宅ローンの借入額を同じでいいんでしょ?」と言われる方がいますが、違います。
次回は、保険金額と保険価額を同じにしておいたほうがいい理由をご説明します。

▼マイホーム諸費用関連記事
つなぎ融資の諸費用、住宅融資保険用手数料とは
マイホーム購入の諸費用、仲介手数料を節約する方法
マイホーム購入の諸費用、仲介手数料を無料にする方法

読者登録しておくと、お得情報を見逃すことがありません。

読者登録してね