こんにちは~!徳島のマイホーム取得専門ファイナンシャルプランナー中川です。
「【火災保険の基礎知識】住宅ローン借入額≠火災保険金額の理由」
前回の記事「保険金額と保険価額とは」で、火災保険の契約において、保険金額と保険価額は同じ額にしておいたほうがいいとお伝えしました。
さらに、保険金額を住宅ローンの借入額と同じにしておけばいいわけでもありません。
今回はその理由についてご説明します。
保険金額と保険価額について「なんじゃそりゃ」という人は前回の記事を見てくださいね。
保険金額と保険価額が同じでない火災保険契約は色々と不都合が生じます。
まず、保険金額<保険価額の場合です。
わかりやすくいうと、建て直すのに2,000万円かかる建物に、なんかあったときに最大で1,000万円までもらえる火災保険契約をした場合です。
この状態で、火事が起こって家が全焼しました。
もらえるお金は最大で1,000万円です。
同じ建物を立て直そうにもお金が足りませんね。
では、火事が起こって家が半分燃えて、修理するのに500万円かかる場合、いくら保険会社からお金もらえると思いますか?
正解は、250万円です。
もらえるお金の計算式は以下の通りです。
年収300万で家を買う節約・貯蓄術!マイホームが建つ生命保険
保険価額2,000万円に対して保険金額が1,000万円だと、50%の補償になってしまいます。
ということで、修理に500万円かかっても50%の250万円しかもらえません。
では、逆に保険金額>保険価額の場合はどうなるか。
わかりやすくいうと、建て直すのに2,000万円かかる建物に、なんかあったときに最大で3,000万円までもらえる火災保険契約をした場合です。
この状態で火事が起こって家が全焼しました。
さて、もらえるお金はいくらになるでしょう?
正解は2,000万円です。
いくら保険金額を大きくしても、建物の価値以上のお金は受け取れないようになっています。
焼け太りできなくなっているんですね。
では、500万円修理がかかる場合はどうか?
この場合は500万円出ます。
つまり、住宅ローンの借入額が建物の保険価額と全く同じであれば構いません。
しかし、少ないとなんかあったときに満足にお金がもらえず、多く掛けても掛け金が高くなるだけで意味がありません。
火災保険の保険金額は、建物の保険価額と同じ金額にしておきましょう。